音楽で繋ぐ「音楽のバトン」配信コンサート、6回目の11月はいよいよ「オートモノモト」の登場です!
オートモノモトは、当院講師でもある大友肇(チェロ)と野本哲雄(ピアノ)により結成されたデュオです。

2015年から活動を開始し、千葉県のみならずこれまで各地で演奏をしています。

当院の顧客のみなさまにはもうお馴染みとなり、このコロナ渦の中、コンサートを心待ちにして下さっていた方も多くいらっしゃいました。

そこで今回の音楽のバトンは、お二人の活動再開を祝して10月28日に開催した浦安音楽ホールでの3回のコンサートからの映像をお送りするスペシャル企画といたしました!

当日ご都合や自粛で会場にお越し頂けなかったみなさまも、オートモノモトをご存知無かったみなさまも、二人の実力派のホールでの演奏をぜひ味わってください。

コンサートの詳細は以下のURLから特設ページをご覧ください。

YouTubeにてインターネット配信

2020年11月11日(水)16:10~ 配信開始

投げ銭制

1口¥500・¥1000

  スーパー投げ銭¥5000(CD付き)

お支払い方法:

おすそわけマーケットプレイス ツクツク!!

で投げ銭チケットをお買い求めください

■ツクツクで会員登録がお済みでない方は、以下のリンク先でご登録のうえ販売ページにお進みください

ゴーシュ音楽院のショップ内

コンサート ウェブチケットの販売ページ

こちらで投げ銭ウェブチケットをお求めください。

近日、公開前受付けも開始いたします。応援よろしくお願いします!

プログラム

【昼の部】

■ ベートーヴェン:ヘンデル「ユダス・マカベウス」より『見よ勇者は帰る』の主題による12の変奏曲

■ オッフェンバック:ジャクリーヌの涙

■ ベートーヴェン:チェロ ソナタ 第3番 イ長調 作品69

■ ブルッフ:コル・ニドライ

[アンコール] サン・サーンス:白鳥

【夕の部】

■ J.Sバッハ:パルティータ 第2番 ハ短調 BWV826

■ J.Sバッハ:無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011

[アンコール] 

J.Sバッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバソナタ 第2番より第1,2楽章

J.Sバッハ:チェンバロ協奏曲第5番第2楽章より「アリオーソ」

【夜の部】

■パラディス:シチリアーノ

■フォーレ:セレナーデ

■ラフマニノフ:ヴォカリーズ

[アンコール] 

フォーレ:子守歌
カサド:セレナーデ
エルガー:愛のあいさつ

<プロフィール>

 

オートモノモト

2015年に結成されたチェロ&ピアノによるデュオ。ホームグラウンドのゴーシュ音楽院をはじめ、日本各地で年間4~5回の公演を続けている。

大友 肇(おおとも はじめ)

桐朋学園大学卒業。日本では数少ない常設の弦楽四重奏団「クァルテット・エクセルシオ」のメンバー。1996年第1回東京室内楽コンクール第1位。同年第2回大阪国際室内楽コンクール・弦楽四重奏の部第2位をはじめ、2000年には難関の第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール(イタリア)最高位、2009年には第19回新日鉄音楽賞「フレッシュアーティスト賞」受賞などの他にも受賞歴多数。個人としては毎年チェリストと指揮者に贈られる「齋藤秀雄メモリアル基金賞」を2014年12月に受賞した。2015年にオートモノモトとしての活動を開始。2018年10月には2枚目のCDアルバム『バッハ&カサド』をリリースした。東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団客員首席奏者。ゴーシュ音楽院講師。

野本 哲雄(のもと てつお

桐朋学園大学卒業。千葉を中心にソロ、室内楽、合唱団のピアニストとして幅広く活動を繰り広げている。特に室内楽の分野では繊細にしてダイナミックな演奏で共演者に絶大な信頼を得ている。2013年、かつらぎフィル定期演奏会にてブラームスのピアノ協奏曲第2番のソリストを務める。伊賀美哲氏のバリトン・リサイタルにてシューベルトの「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」を共演。2014年11月、ソロ・リサイタル(京葉銀行文化プラザ)を開催。千葉県出身。千葉混声合唱団ピアニスト。ゴーシュ音楽院講師。楽友協会ちば理事。
2020年6月、ファーストアルバム『野本哲雄プレイズ モーツァルト&シューベルト』をリリース。

■プロコフィエフ:チェロソナタ

店名ロゴ.png

定休日

月曜日

〒297-0202

千葉県長生郡長柄町味庄109-2

営業時間

10:00am - 8:00pm

(受付10:00am - 5:00pm)

Tel  0475-36-3774

  • Facebook
  • Instagram

© Copyright All Rights Reserved GAUCHE MUSIC ACADEMY